その症状、虫歯かもしれません ~一般歯科~

「歯が痛い」「しみる」といった症状はありませんか? もし、そのような症状があるとしたら、それは虫歯かもしれません。

虫歯は初期には自覚しにくい病気であり、「痛い」「しみる」といった症状が出た時には、すでにかなり進行している可能性があります。自然治癒することがないため、放っておくとどんどん進行し、次第に激しく痛み出して、最終的には抜歯しなくてはならなくなってしまいます。

治療は、初期であればあるほど、簡単に早く終えることができます。少しでも異常に気づいたら、できるだけ早くご来院ください。

虫歯の原因について

虫歯は、プラーク(歯垢)に棲みつく虫歯菌が、食べカスに含まれる糖分をエサにして酸を出し、次第に歯を溶かしていく病気です。つまり、虫歯の原因は「プラーク」。ブラッシングが正しく行えていない方、歯並びの乱れによってブラッシングがしにくい方などが、虫歯になりやすいのです。

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法
C0  ごく初期の虫歯
歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。
C1 エナメル質の虫歯
エナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。
C2 象牙質の虫歯
エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。
C3 神経まで達した虫歯
神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。
C4 歯根まで達した虫歯
歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯インプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

診療予約はお電話でお問い合わせください

このページの先頭へ