お子様の歯を守るために ~小児歯科~

お子様の歯はやわらかく、虫歯になりやすいということをご存じですか? 小児歯科ではそんな、乳歯の生えはじめから永久歯に生えかわる頃までのお子様の歯を守るための治療や予防を行っています。

お子様に対しては、できるだけわかりやすい説明と痛くない治療に努め、治療をがんばったごほうびをプレゼントしています。小さな頃から歯科医院に通い、歯を大切にする習慣をつけさせてあげることで、お子様の大切な歯の健康を守ってあげましょう。

お子様の予防メニュー

ブラッシング指導

歯の健康を守る基本は、正しいブラッシング。お子様一人ひとりのお口の状態に適したブラッシング方法をお教えします。親御さんには、仕上げみがきのコツもお教えします。

フッ素塗布

歯質を強くする効果を持つフッ素を定期的に歯の表面に塗布することで、虫歯になりにくい歯にすることができます。また、フッ素は歯の再石灰化を促す力もあるため、ごく初期の虫歯であれば治癒が見込める場合もあります。

シーラント

奥歯には複雑で深い溝があり、食べカスが溜りやすい上にブラッシングがしにくいため、虫歯になりやすくなっています。そこで、その溝をあらかじめ歯科用樹脂で埋め、虫歯を予防するのがシーラントです。

過剰歯の抜歯

お子様によっては、本来生えてくる歯の本数以上の余分な歯「過剰歯」が生えてくることがあります。過剰歯は歯並びを乱したり永久歯への健やかな生えかわりを妨げたりすることがあるため、多くの場合抜歯が必要となります。

おだデンタルクリニックの小児歯科

乳歯の虫歯は、永久歯に生えかわってからの虫歯リスクなどに影響を与えることがあるため、お子様が小さい頃から虫歯予防に努めることは大切です。当院では、お子様の虫歯予防に力を入れるとともに、乳歯の虫歯リスクチェックとして世界標準で使用されているだ液検査キット「デントカルト」を採用しています。

デントカルトは、WHO(世界保健機関)の疫学調査で使用されているほか、予防医療が発展している欧米などの多くの大学・公的機関でも導入されており、虫歯の発生・進行の最大のバロメーターである「ミュータンスレンサ球菌」を識別でき、精度の高い虫歯リスクチェックが実現します。これにより的確な予防プログラムのご提案が可能になるのです。

このページの先頭へ

生まれてくる赤ちゃんのために ~マタニティー歯科~

つわりがあったり、ホルモンバランスが変化したりするなどで、妊娠中はお口のトラブルが発生しやすい時期です。当院では「マタニティー歯科」にて、妊婦さんを対象とした治療や予防ケアを行っています。生まれてくる赤ちゃんの健康のために、安定期に入ったら一度お口の中のチェックを受けにご来院ください。

『産婦人科』での母親教室

当院では、不定期に母親教室を開催しています。当院のスタッフが歯科受診の重要性、妊娠性歯周炎の危険性や治療の必要性、虫歯予防の必要性などをお教えしています。

また、あわせてお母様やお連れのお子様にブラッシング指導も行っております。妊娠中の方にとって身近な存在となりお口の健康をサポートしていきたいと思っておりますので、妊娠中の検診はお気軽にご相談ください。

妊娠性歯周炎の危険性

「妊娠性歯周炎」とは、いわゆる日本の成人の約8割が患っている、もしくはその予備軍である「歯周病」のこと。つわりなどによりお口の中に歯ブラシを入れるだけで気持ち悪くなることもあるためブラッシングしづらくなったり、一度に多く食べられずに複数回に分けて食事をとることで細菌がお口の中に滞留しやすくなったりして妊娠性歯周炎になりやすくなります。

妊娠性歯周炎については、低体重児出産や早産の確率を高めることが問題視されており、十分に注意が必要です。これは、妊娠性歯周炎を引き起こしている細菌が血管内に入ることで子宮収縮を促すホルモンが増加し、体が出産準備が整ったと勘違いし、早期に生まれてきてしまうのです。

実際に、低体重児出産や早産のリスクは妊娠性歯周炎になっていない妊婦さんに比べ約7倍にもなるという報告があります。しかし、治療することによって妊娠性歯周炎を患っている妊婦さんの8割に低体重児出産や早産のリスクが減少したという報告があるため、妊娠性歯周炎と診断を受けたらできるだけ早めに治療に取り組むことが大切です。

当院の妊娠性歯周炎治療では、まず歯石などの汚れを超音波の器具を使ってきれいに落とします。その後、歯の表面をつるつるにみがきあげ細菌の再付着を防ぎます。最後にお口の健康な状態を維持するためにブラッシング指導を行います。

マイナス1歳からの虫歯予防

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌はいません。では、どこから感染するのかご存じですか?それは、お母さんをはじめ赤ちゃんと取り巻くご家族です。ご家族が使った箸やスプーンでご飯を食べさせたり、同じストローを使ったり、キスをしたりすることによって虫歯菌がうつってしまうのです。

これらの行為を一切行わなければ問題はありませんが、実際に愛情表現であるキスをやめたり、使用する食器を厳密に分けたりすることは難しいでしょう。そのため、赤ちゃんが生まれる前からご家族みんなで虫歯予防に努めることが大切です。

診療予約はお電話でお問い合わせください

このページの先頭へ