• インプラント治療
  • 治療環境について
  • インプラントQ&A
  • インプラント治療の流れ
  • 症例紹介
  • インプラント周囲炎

もう一度、天然歯の感覚を ~インプラント治療~

歯を失った時の治療として、とても注目されているインプラント治療。顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せることで、咬む機能を取り戻すことができます。

チタンは顎の骨としっかり結合するため、天然歯と変わらない感覚で咬めます。また、セラミックの人工歯によってとても自然な見た目を再現します。機能性、審美性ともに大変優れているインプラント治療なら、毎日の食事や会話も存分に楽しめるようになります。

インプラント治療のメリット・デメリット

メリット
  • 天然歯と変わらない咬み心地がよみがえる
  • 見た目が自然で美しい
  • 失った歯単独の治療になり、周囲の健康な歯を傷めない
  • 咬む力が顎に伝わるため、顎の骨がやせにくい
デメリット
  • 手術が必要
  • 治療期間が長い
  • 自費治療となり、費用が高額になる

このページの先頭へ

おだデンタルクリニックの治療環境

当院では、清潔なインプラント治療を行うために診療室とは隔離し、『個室オペ室』を完備。難しい症例にも対応するために必要となる『歯科用CT』、綿密な治療計画をたてるために当院ではコンピューター上でシュミレーションを行うことができる『ガイドシステム』などさまざまな医療設備をそろえ万全の医療体制を整えております。

また、術中に関しまして当院では麻酔を投与する際には麻酔医をお呼びしております。どうぞご安心ください。

おだデンタルクリニックの使用インプラント

ストローマン社のインプラントシステム

10年で300万本以上という導入実績と厳しい品質・管理、科学的な根拠に基づいた長期成功率を誇る世界TOPシェアのインプラントメーカーです。国際的研究チームである「ITI」と、骨整形外科分野で長期にわたる実績を持つスイスの「ストローマン研究所」が共同開発をしてできたインプラントシステムを導入しております。

おだデンタルクリニックのインプラント設備

歯科用CT(コーンビームCT)

当院では、難しいインプラント治療にも対応するため、大阪府下でも数少ない診断機器である「コーンビームCT」を導入しています。顎の骨の状態を詳細に把握できるため精密な診査・診断が可能になり、インプラント治療を安全に行うことができます。

このページの先頭へ

おだデンタルクリニックの様々なインプラント治療

抜歯即時インプラント

通常、抜歯後からインプラントを埋め込むまでには傷口の治癒期間をおく必要があり、治療期間が長いというデメリットがあります。そこで抜歯とインプラント埋入を同日に行う方法が開発されました。これによって治療期間はもちろん、歯がない期間も大幅に短縮されます。

ショートインプラント

通常のインプラントより短い、8mm以下のインプラントを使用する治療。顎の骨の厚みが足りない部分や、下顎で神経や血管が近い部分への対応も可能です。

骨造成(GBR)

インプラント治療を行うのに顎の骨が不足している場合には、骨を造成させる治療を行います。

GBR

骨が足りない部分に「メンブレン」という特殊な膜を入れ、スペースを確保して骨の造成を促します。

上顎洞底挙上術
サイナスリフト

サイナスリフトとは骨が薄くなってしまった上顎の部分にしっかりインプラントを埋め込むために、骨の厚みを作っていく処置をいいます。上顎の骨に横から穴を開け、開けた箇所から上顎洞の粘膜をリフトアップさせ、そのスペースに骨になる材料を入れ、十分に高さが確保できた箇所にインプラントを埋入していきます。

ソケットリフト

ソケットリフトとは、骨が薄くなってしまった上顎の部分にしっかりとインプラントを埋め込むために、骨の厚みを作っていく処置をいいます。上顎の骨に歯槽頂からソケット状に穴をあけて、その穴に骨の代わりをする人工材料(骨補填材)を押し入れて、上顎洞粘膜をリフトアップしていきます。そして、骨の高さを確保したところにインプラントを埋めます。

料金表はこちら

このページの先頭へ

インプラントQ&A

Q インプラント手術時は、痛くないでしょうか?

インプラントを顎の骨に植える手術は、局所麻酔を行いますので痛みの心配はありません。出後は数日間腫れたり、多少の痛みが出る場合がありますが抜歯と同じ程度とお考えください。処方する鎮痛剤、抗生剤、消炎剤などで対処することができます。

痛みに不安やストレスを感じる患者様や、高血圧などの全身疾患をお持ちの患者様には、希望に応じて点滴で鎮静薬を投与する静脈内鎮静法を用います。静脈内鎮静法を行えば軽く眠った状態で処置が可能なので、無痛治療が実現できます。そのため極度の痛がりの患者様でも苦痛を感じず手術を受けていただけます。なお静脈内鎮静法の場合、麻酔専門医が手術中付き添い、全身管理を行いますのでご安心して治療に専念していただけます。

Q インプラント治療が受けられないのはどんな人ですか?

持病などにより血圧や血糖値がコントロールできない状態の時は、インプラント治療ができない場合がございます。医科の主治医とも話合い、十分にカウンセリングをしたうえで、インプラントを行えるのかどうかを担当医が判断します。

Q 年齢は問題になりますか?

ほとんどございません。ただし、18歳以下の場合は、インプラント埋入前に成長期が終わってなくてはいけません。

Q 会社や学校は休むほうがいいのでしょうか?

術後に少し腫れたり、アザができたりすることがありますが、通常ほとんどの方は翌日には会社や学校に戻っておられます。

Q 禁煙しなくてはいけないでしょうか?

禁煙は強く推奨しております。タバコ内に含まれるニコチンは創傷治癒を遅らせ、長期的に見れば症状を悪化させる恐れがあります。

Q 金属アレルギーなどの身体への影響はありますか?

想像できないような特異体質の方もいる可能性を考えると100%では断言できませんが、ほぼ100%と言っても良いくらいチタンではアレルギー反応や拒否反応はでません。チタンは生体反応を起こさない唯一の金属です。チタンが骨にくっつく「オッセオインテグレーション」を利用した技術は歯科だけではなく、整形外科などで広く行われているのも、チタンの安全性が証明されている証拠でしょう。

Q インプラントはどのくらいもちますか?

インプラントの10年生存率(埋入してから10年後にそのインプラントがお口の中で機能している確率)が98%以上という報告もありますが、その寿命は患者様のお口の状態によって左右されます。天然歯と同様に、お手入れが悪ければインプラントの寿命も短くなります。治療後のメンテナンスはとても大切ですので、必ず定期検診にお越しください。

Q 失った歯の本数は関係ありますか?

1本からすべての歯を失った場合まで、失った本数に関係なくインプラント処置を行うことができます。失った歯の本数が多い場合は綿密な診査・診断のもとにインプラントの埋入本数を決めていきます。

Q インプラントを入れるまでの間は歯が無いのですか?

前歯が無い場合で審美的に問題がある場合や、奥歯が無くて食事ができないなどの緊急を要する場合にはすぐにでも仮歯を入れて不都合を解消するようにします。治療期間中、歯が無くて見た目が悪かったり、食事ができないなどの不都合が起こらないようにいたしますので、ご安心ください。

Q インプラントの費用は?

インプラント治療に健康保険は適用されませんので、自費治療になります。インプラントの治療費、インプラントに関する上部構造の費用の合計です。担当医の説明をよくお聞きいただいたうえで、お支払い方法も含めてご相談ください。
※健康保険は適用されませんが、医療費控除の対象となります。
※長期保証制度がございます。詳しくはお尋ねください。

料金表はこちら

このページの先頭へ

インプラント治療の流れ

診査・診断

CTや口腔内診査などでインプラント治療に必要な口腔内の診査を行い、その検査結果をももとに治療計画をたてます。

埋入

必要と判断した場合、歯のクリーニングや歯周治療、虫歯の治療を行います。

装着

【1】欠損した歯の状態。【2】インプラントを埋め込むための穴を顎の骨に形成します。【3】インプラントを埋め込みます。【4】インプラント上部にキャップを取り付けて歯肉で被います。

装着

歯肉が治癒したら、アバットメントと呼ばれる支台装置を取り付けます。この時点で、インプラントにサポートされた仮歯が入ります。その後、人工歯の型とりを行います。

人工歯の製作と装着

人工歯・クラウンを装着した状態です。見た目は天然歯とほとんど同じです。

最終

お口の中の状態によって異なりますが、1~6ヶ月に一度メインテナンスを行います。

このページの先頭へ

インプラント周囲炎

インプラントは、チタンとセラミックで作る「人工の歯」。ですから、虫歯など「歯の病気」にかかる心配はありません。しかし、歯みがきなどのお手入れを怠るとインプラントの周囲にある「歯ぐき」や「骨」で炎症が発生し、歯周病のような状態になることがあります。この症状を「インプラント周囲炎」と呼びます。

インプラント周囲炎は、進行度によって「インプラント周囲粘膜炎」と「インプラント周囲炎」が存在します。

正常なインプラント インプラント周囲粘膜炎 インプラント周囲炎
正常なインプラント インプラント周囲粘膜炎 インプラント周囲炎
インプラントが顎の骨にしっかり支えられている インプラントとその周囲の粘膜に炎症が発生する さらに進行して、インプラントを支える顎の骨が減少する

インプラント周囲炎の症状

インプラント周囲炎にかかると、まず次のような症状があらわれます。

  • インプラント周囲の歯茎が腫れる
  • 患部から出血する

また、症状が進行するにつれて歯ぐきが減り、インプラントと歯ぐきの間にある溝「歯周ポケット」が深くなります。歯周ポケットが深まるとプラーク(歯垢)などが溜まりやすくなり、そのプラークが原因で炎症が悪化。悪循環で炎症の進行スピードが加速し、やがて顎の骨までもが減ってしまいます。

放置したらどうなる?

インプラント周囲炎は、歯茎や骨というインプラントを支える「土台」が減ってしまう病気です。放っておけばインプラントの安定性は失われ、せっかく埋め込んだインプラントが抜けてしまう可能性もあります。インプラント周囲炎にならないようにきちんとメンテナンスし、万が一かかってしまった場合は適切な診療を受けましょう。

インプラント周囲炎のリカバリー症例

 

リカバリー症例

このページの先頭へ

症例紹介

インプラント審美症例1

インプラント審美症例1

インプラント審美症例2

インプラント審美症例2

インプラント審美症例3(臼歯)

インプラント審美症例3(臼歯)

インプラントデンチャー症例

インプラントデンチャー症例

インプラントデンチャー症例

診療予約はお電話でお問い合わせください

このページの先頭へ