お口まわりのトラブルを解決~口腔外科~

口腔外科では、虫歯や歯周病だけでなく、舌や唇、顎、粘膜などの外傷や腫瘍、先天性疾患(口唇裂、口蓋裂、顎骨の変形症など)の治療を行います。代表的な診療内容には、親知らずの抜歯や顎関節症治療などがあります。

口腔外科治療には高度な技術が求められますが、当院の理事長は外科手術をともなうインプラントに精通しており、認証医を取得しているのはもちろん、講習会の講師もつとめるほどのエキスパートです。患者様のお悩みの症状に対して最適な治療のご提案が可能ですので、安心してご相談ください。

親知らず

親知らずとは、前歯の中央から数えて8本目にある歯のことです。生えてくる人と生えてこない人がおり、生えてきた場合でも、顎が小さいために斜めに生えたり、一部が出てきただけで歯ぐきに埋まったままでいたりすることが多く、痛みや炎症を招く恐れがあります。また、歯ブラシが届きにくいことから虫歯や歯周病を引き起こしがちになったり、隣の歯を押して歯列を乱したりすることもあります。そのため、ほとんどのケースで抜歯が必要になります。

顎関節症

顎関節症とは、「顎がカクカク鳴る」「大きく口を開けられない」「口を開けようとすると顎が痛い」といった症状の総称です。放っておくと、痛みをともなうだけでなく、食事や会話に支障をきたしたり、顎の筋肉のバランスが崩れることで全身のバランスにも悪影響を及ぼし、頭痛や肩こり、腰痛などを引き起こすことがあります。

治療法

顎関節症の原因にはさまざまなことが考えられます。お悩みの症状はもちろん、お口の状況をチェックしたり生活習慣をうかがったりするなどして原因をはっきりさせた上で根本的な治療を行います。当院では、以下の声明にもとづき、保存的な治療をモットーとしています。

スプリント療法 歯ぎしりにより起こった顎関節症に対する治療法です。「スプリント」といったマウスピース型の装置を就寝時にお口に装着していただき、歯ぎしりによってかかる負荷を軽減させます。
マニピュレーション法 おもに口が開かない・開きにくい場合に行います。顎の関節や筋肉を無理のない力で少しずつほぐしていき、顎関節にある「関節円盤」を正しい位置に戻します。
surgery_img02

当院では、口腔外科治療において、以下の高度専門医療機関と密に連携をとって治療にあたっております。

診療予約はお電話でお問い合わせください

このページの先頭へ