あなたのお口にもあるかも!?アマルガムってどんな銀歯?について | 北野田駅すぐ近く 堺市東区、美原区の歯科・歯医者 おだデンタルクリニック

ネット予約
診察・相談のご予約
072-239-1888
診療時間 9:00~18:00(土曜〜17:00)
休診/日曜・祝日

あなたのお口にもあるかも!?アマルガムってどんな銀歯?

アマルガムという銀歯をご存知ですか?これは昔よく使われていた銀歯の一種で、現在ではもう使用されていないのですが、1990年くらいまでに歯科治療をした人の口の中には入っているかもしれません。

そして、そのままアマルガムが歯に詰められている場合、その金属が数十年経過して腐食し、トラブルを起こすことがあるとも言われています。

アマルガムとはどんな銀歯?

女性の口の中の銀歯

アマルガムというのは水銀と他の種類の金属との合金です。アマルガムは1826年頃にフランスで使われ始め、その後150年以上も使用され続けてきた、歴史の古い歯科材料です。日本でもかつては歯科治療の中心的な材料として使用されていましたが、水銀による環境問題などにより、日本ではもうほぼ使われていません。

また、近年では、水銀の体に対する毒性の問題や、金属イオンが溶けてアレルギー反応を起こす可能性が指摘されることがあります。

アマルガムは外したほうがいい?

アマルガムが入っている、という人は現在でも多くいます。アマルガムは水銀を含んでいう観点から、その危険性に関しては賛否両論あります。口の中では水銀は安定していると主張する歯科医師と、水銀はやはり体に悪影響を及ぼすと主張する歯科医師に意見が分かれているのです。ですが実際、口に入っているアマルガムから健康への影響は否定的な研究報告も多く、結局は患者さんが気になっているか、体にそれによって不調を感じている可能性があるか、などによって決められることが多いようです。

アマルガムが体に引き起こしうる悪影響

銀歯の模型

アマルガムが体に悪い影響を及ぼすという意見としては、次のようなものがあります。

水銀が体に蓄積されて健康被害を起こす

アマルガムに含まれる水銀は、毎日の飲食、噛むという刺激などにより溶かされ、体内のあちこちに蓄積し、体の不調の原因になる可能性があると考えられています。

水銀は体にとって特に神経毒性が高いことで知られ、頭痛やうつ病、視力や嗅覚の低下、慢性的な疲労、イライラ、手足のしびれなどの原因にもなっているとも言われています。

金属アレルギーを起こす可能性がある

他の銀歯(特に保険治療の銀歯)に関しても同様のことが言えますが、金属が口の中に入っていることで、唾液にイオンとなって溶け出し、金属アレルギーを引き起こすリスクがあります。

アマルガムを外す際の注意点

アマルガムが上のような影響を体に与えるかもしれない、と知ると、すぐに外してしまいたくなるかもしれません。ですが、アマルガムは、削り取る際、水銀が蒸気化してしまうため、安易に削って外すことはできません。

そのため、アマルガムを外す際には、ただ削って取り外すのではなく、ラバーダムというゴムの膜を装着するなど、蒸気化した水銀をできるだけ吸い込まないようにする、環境を汚染しないように配慮するなど、入念な対策を施しておく必要があります。

実際、アメリカでは蒸気化した水銀を吸い込んだ歯科医師の多くが水銀中毒になっているという調査報告もあります。

いずれにしても、アマルガムを除去する際には、多少のリスクがあることを考慮した上で、安易に決めるのではなく、もし外すなら女性の場合、妊娠中、授乳中などのリスクの高い時期を避け、出産、授乳が終わってからアマルガム除去を受けるなどすることをおすすめします。

この記事もよく読まれています!

こういった歯に関するお悩みや治療に関して、堺市北野田駅前のおだデンタルクリニックにお任せください。インプラント歯周病歯の予防お子様の歯の治療矯正など様々な治療を承っております。歯に関する些細なお悩みでも医師や衛生師にお伝え下さい。

このページが気に入ったら是非共有して下さい
LINE  はてブ  pinterest 

歯科コラム

お知らせ

2020/7/29
8月13日(木)〜16日(日)はお盆休みのため休診いたします。
2020/2/8~9
岐阜県、元町デンタルクリニックにて歯周形成外科ハンズオンコースを開講させていただくことになりました
2020/1/28
長崎大学にて講演させていただくことになりました
2020/1/26
LSGP KOBEにて講演させていただくことになりました

Facebook

診療カレンダー

^


ホーム

診療予約

電話をかける