子どもの虫歯を防ぐには?虫歯ゼロへの挑戦!について | 北野田駅すぐ近く 堺市東区、美原区の歯科・歯医者 おだデンタルクリニック

ネット予約
診察・相談のご予約
072-239-1888
診療時間 9:00~18:00(土曜〜17:00)
休診/日曜・祝日

子どもの虫歯を防ぐには?虫歯ゼロへの挑戦!

みなさん、お子さまの仕上げ磨きは何歳まで必要だとお考えですか? 歯磨きを一人でおこなうことも、自立を促すためには大切ですが、歯をしっかりと磨ける年齢までは親御さんの仕上げ磨きが必要となります。また、お子さんの仕上げ磨きをしっかりとしているのに「虫歯になった」、「初期虫歯と注意された」経験がある人もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、お子さまの虫歯を防ぐにはどうすればいいのか、詳しくご紹介してまいります。

虫歯になる仕組み

虫歯になる仕組み

私たちの口の中には300~500種類の細菌が潜んでいます。その中には、虫歯の原因になる虫歯菌や、歯周病の原因となる歯周病菌も含まれています。しかし、生まれたての赤ちゃんのお口の中には虫歯菌は存在していません。

乳歯が生えそろう1歳7ヶ月頃から2歳6ヶ月の間を感染の窓と呼びます。この時期は虫歯菌に感染しやすいと言われている時期であると同時に、生えたての乳歯は柔らかく、虫歯になりやすい時期でもあるために、注意が必要です。

では、どのように虫歯菌は赤ちゃんへ感染していくのでしょうか。その答えはずばり、お子さまのお世話をする親御さんやご家族です。親御さんやご家族が使用したスプーン、フォーク、お箸、コップなどの共有で感染していきます。

また、感染の窓の時期を過ぎるころになると、お子さまのお口の中の環境も出来上がっていき感染率はグンと下がります。

では、虫歯菌が感染し虫歯になるまでには、どのようなことが起きているのでしょうか。虫歯になってしまった場合、いきなり歯に穴が開き、歯が茶色になるとイメージしている人も中にはいらっしゃると思いますが、虫歯になる前に、歯は私たちにサインを送ります。それが「初期虫歯」です。

【初期虫歯】

歯は唾液由来のたんぱく質の薄い膜であるペリクルに覆われています。ペリクルは、虫歯菌が生み出す酸によって歯が溶かされないように守る役割がある反面、粘着性があるために虫歯菌が付着しやすく、ペリクルに付着した細菌の塊が目に見える形として歯垢となり、虫歯菌は歯垢の中で食品に含まれる糖をエネルギーにし増殖していきます。

虫歯菌は増殖とともに、酸を排出します。その酸によって歯は溶かされ虫歯となります。しかし、歯はいきなり虫歯になるのではなく、段階を踏んで虫歯に進行していきます。虫歯菌はまず歯の表面組織であるエナメル質を溶かしはじめます。お子さんの歯やご自身の歯を見た時に、一部が白く濁っていることはりませんか?その白く濁っている部分が初期虫歯です。

人間の身体には治癒能力が備わっていて、骨折しても骨がもとのように結合するように、歯の表面組織のエナメル質が溶かされ始めた段階の初期虫歯のうちに、歯も唾液成分に含まれるリンとカルシムを吸収し、溶かされ始めた歯を修復させます。

歯が酸に溶かされることを脱灰と呼び、それを修復しようとすることを再石灰化と呼び、人間の歯は常に脱灰と再石灰化を繰り返しています。しか、歯磨きを怠る、またはしっかりと歯磨きがおこなわれずにいると、そのバランスが崩され再石灰化では補うことができんばくなり、エナメル質を溶かし虫歯に進行していきます。

初期虫歯の段階で、口腔ケア、予防ケアなどをおこない、再石灰化を促すことが重要となります。普段からお子さまの口の中の状況を把握し、初期虫歯のサインを見過ごすことのないようにしましょう。

仕上げ磨きは何歳まで?

冒頭でもお話ししたように、お子さまが自分自身で歯磨きをおこなうようになることは、自立という観点からはとても重要なことです。そのため、小学校入学と同時に仕上げ磨きから卒業してしまうご家庭も多く見受けられます。しかし、小学生1年生頃は、永久歯である第一大臼歯が生えてくる時期でもあり、生えたての歯はとても柔らかく虫歯になりやすく、乳歯と永久歯が混在して歯列がデコボコとしていることからも、仕上げ磨きが必要と考えます。

では、いったい何歳まで仕上げ磨きが必要なのでしょうか。年齢的には小学校中学年である9歳頃までは、仕上げ磨きやしっかりと磨けているかの確認をすることをおススメします。また、お子さま自身がしっかりと歯を磨けるように歯科医院で歯磨き指導を受けることも大切です。

子どもの虫歯を防ぐには?

子どもの虫歯を防ぐには?

お子さまの虫歯を防ぐには、日々の歯磨きと以下の処置や指導を歯科医院で受けることが重要です。

【ブラッシング指導】

毎日おこなっている歯磨きの仕方が、誤っていては虫歯を予防することはできません。正しい歯磨き方法を身に付けましょう。

【フッ素塗布】

フッ素塗布をおこない、歯の表面の質を強くしましょう。定期的におこなうことで、虫歯を予防することが可能です。

【シーラント】

歯の咬み合わせ部分の溝は虫歯になりやすく、その溝部分を歯科用プラスチックで溝を埋め虫歯を予防します。

【食生活の指導】

虫歯菌は食品に含まれる糖をエネルギーにします。バランスの取れた食生活、規則正しい食生活を送り虫歯を予防しましょう。

まとめ

今回は、お子さまの虫歯予防についてご紹介してまいりました。お子さまのお口の中の状態を常に把握し、日々の歯磨き、定期的な歯科医院を受診することは、虫歯予防には欠かせません。お子さまの虫歯に関して、気になる点や疑問点などがあった場合には、お気軽にご相談ください。

こういった歯に関するお悩みや治療に関して、堺市北野田駅前のおだデンタルクリニックにお任せください。インプラント歯周病歯の予防お子様の歯の治療矯正など様々な治療を承っております。歯に関する些細なお悩みでも医師や衛生師にお伝え下さい。

このページが気に入ったら是非共有して下さい
LINE  はてブ  pinterest 

歯科コラム

お知らせ

2020/7/29
8月13日(木)〜16日(日)はお盆休みのため休診いたします。
2020/2/8~9
岐阜県、元町デンタルクリニックにて歯周形成外科ハンズオンコースを開講させていただくことになりました
2020/1/28
長崎大学にて講演させていただくことになりました
2020/1/26
LSGP KOBEにて講演させていただくことになりました

Facebook

診療カレンダー

^


ホーム

診療予約

電話をかける