歯の健康を左右する?!被せ物の選び方について | 北野田駅すぐ近く 堺市東区、美原区の歯科・歯医者 おだデンタルクリニック

ネット予約
診察・相談のご予約
072-239-1888
診療時間 9:00~18:00(土曜〜17:00)
休診/日曜・祝日
歯科コラム

歯の健康を左右する?!被せ物の選び方

秋森
この記事を書いたのは…
歯科衛生士 秋森(あきもり)

●日本口腔インプラント学会 インプラント専門歯科衛生士 所属
●日本臨床歯周病学会 所属
みなさまのお口の健康のサポートを笑顔で丁寧にさせて頂きます。安心して任せて頂けるよう学び努力を続けていきます。どんなことでもお気軽にお声がけください。


被せ物の材料にはいろんなものがあります。どれを選ぶか?となった時、多くの人は見た目を基準に選びますが、どんな材料を選ぶかで、その後の歯の健康、ひいては体の健康に違いが出てくるのをご存知ですか?

被せ物、どんな基準で選んでいますか?

被せ物

被せ物を選ぶ際、皆さんはどのような基準で選んでいるでしょうか? 日本では、「安く治療できる」という経済的な理由から、多くの人が保険の材料を選ぶ傾向があります。

しかし、残念ながら保険の材料は、あまり歯や歯茎にとって良いとも言えず、耐久性の面でも、体への優しさ、という点でもあまり好ましいとは言えません。

被せ物をする場合、主に金属、プラスチック、セラミックのいずれかの材料を使ったものになります。それぞれの材料を選んだ場合、どのような問題点があるのか見てみましょう。

被せ物を保険で治療した場合の問題点

被せ物が金属の場合

・金属アレルギーのリスク
保険診療の銀歯は、金属アレルギーを起こすリスクがあることで知られています。歯科金属のアレルギーは、体の皮膚に湿疹を起こすことがあり、なかなか原因が特定しづらい点でも厄介なものです。

・メタルタトゥーのリスク
金属がイオンとなって唾液中に溶け出し、歯茎を黒く着色させる「メタルタトゥー」を起こし、見た目が悪くなってしまうこともあります。

・虫歯ができやすい
また、銀歯が劣化して錆び、歯をくっつけているセメントもボロボロになって唾液中に溶け出し、その部分に細菌が入りこんで、虫歯ができやすい一面もあります。

・歯周病を起こしやすい
さらに、金属の表面には傷がつきやすく、細菌がその部分に溜まりやすくなって歯周病を引き起こしやすくなります。

被せ物がプラスチックの場合

・強度的に強くない
被せ物がプラスチックというのは、主に前歯や小臼歯(前から4、5番目の歯)の場合に適用になります。まず、プラスチックというのは、強度的にあまり強くない、ということが挙げられます。

・着色しやすい
また、傷がつきやすく、着色しやすいというのもあります。プラスチックのお皿は、汚れがつくとなかなか落ちにくく、色素が沈着して落ちなくなってしまいますが、これと同様なことが被せ物のプラスチックにも起こってしまいます。これはプラスチックに傷がつきやすいことが原因になっています。

・細菌がつきやすい
プラスチックの表面についた傷には色素だけでなく、数多くの細菌もくっついてしまいます。それゆえ、歯茎も炎症を起こしやすくなります。つまり歯周病のリスクが高くなります。

被せ物にセラミックを選んだ場合

セラミックの被せ物

セラミックというのは保険対象外の材料で、陶材を使ったものです。陶材は汚れがついても落ちやすく、何年経っても変色しにくいのが特徴です。セラミックには具体的に次のようなメリットがあります。

セラミックのメリット

1.審美的
セラミックは現在存在する歯科材料の中で、最も天然の歯のような美しさを実現することができる材料です。傷もつきにくいため変色せず、歳月が経っても変わらない美しさを保つことができます。

2.長持ちする
金属やプラスチックとは違い、変質、劣化することがないため、長く安定した状態を保ち続けることができます。

3.歯に優しい
歯との適合に優れ、歯とセラミックの間にすき間があきにくい特徴があります。そのため、虫歯の再発リスクは低くなります。また、セラミックには傷がつきにくいため、歯垢がたまりにくくなり、歯周病の発症を防ぎます。

4.体に優しい
セラミックは材質的に安定しており、成分が唾液中に溶け出すこともないため、体に悪影響を与えることもありません。金属も含んでいないため、金属アレルギーの人にも安心して使うことができます。

セラミックは保険外の材料ですので、治療した際には一時的に高額な出費になることは否めません。経済性という点だけで考えると他のものに劣りますが、審美性、耐久性、体への耐久性ということから考えると、他の材料と比べて非常に優れた材質であると言えるでしょう。

被せ物の材料を選ぶ際には、長期的な視点で歯の健康、体の健康まで考えた上で決めることをおすすめします。

こういった歯に関するお悩みや治療に関して、堺市北野田駅前のおだデンタルクリニックにお任せください。インプラント歯周病歯の予防お子様の歯の治療矯正など様々な治療を承っております。歯に関する些細なお悩みでも医師や衛生師にお伝え下さい。

歯科コラム

お知らせ

2020/2/8~9
岐阜県、元町デンタルクリニックにて歯周形成外科ハンズオンコースを開講させていただくことになりました
2020/1/28
長崎大学にて講演させていただくことになりました
2020/1/26
LSGP KOBEにて講演させていただくことになりました
2019/11/12
九州臨床再生歯科研究会にて講演させていただくことになりました
2019/10/20
岡山大学にてTiハニカムメンブレンのハンズオンコースを開講させていただくことになりました
2018/09/18
この週末に開催されたインプラント学会の優秀研究発表とイブニングセミナーで講演させていただきました
2018.01.27
日本口腔インプラント学会第35回九州支部学術大会にて発表させていただくことになりました(小倉)
2017.12.10
「先進機器導入による医院の差別化」というタイトルで講演させていただきました(大阪ヨシダ)
2017.12.09
顎顔面外科矯正セミナーで「根面被覆術・歯間乳頭再建術」に関して講演させていただきました(大阪)
2017.11.18
PERIODONTAL PLASTIC SURGERY BASIC COURSE(大阪)にて講演させていただくことになりました。
2017.11.05
ペリオドンタルプラスティックサージェリーミーティング(東京)にて講演させていただくことになりました。
2017.10.22
ITIベーシックインプラントロジー(大阪)にて講演させていただくことになりました。
2017.09.29
Ossesintegration Study Club OF Southern California(ロサンゼルス)にて発表させていただくことになりました。
2017.07.29
OJ年次ミーティング2017(東京)にて発表させていただくことになりました。
2017.03.05
「先進機器導入による医院の差別化」というタイトルで講演させていただくことになりました(大阪ヨシダ)
2017.02.11
OSSEOINTEGRATION STUDY CLUB OF JAPAN (東京)にて発表させていただくことになりました。(大阪ヨシダ)
2017.01.08
ヨシダCTユーザーミーティングで講演させていただくことになりました。(大阪ヨシダ)

Facebook

診療カレンダー

^


ホーム

診療予約

電話をかける