歯が黒い!歯を黒くしてしまう5つの原因とはについて | 北野田駅すぐ近く 堺市東区、美原区の歯科・歯医者 おだデンタルクリニック

ネット予約
診察・相談のご予約
072-239-1888
診療時間 9:00~18:00(土曜〜17:00)
休診/日曜・祝日

歯が黒い!歯を黒くしてしまう5つの原因とは

歯が黒くなっていると「虫歯?」と不安になってしまいますよね。黒いと虫歯というイメージの強い方も多いかもしれませんが、実は虫歯でなくても黒くなってしまう場合はあります。

今回はどのような場合に歯が黒くなってしまうのか、主な原因を5つ、そしてそれぞれの解決策をご紹介します。

歯が黒くなってしまう5つの原因と解決策

how_to_solve_stain_01

◆虫歯

虫歯には大きく分けて、急速に進行する急性う蝕(うしょく)と、ゆっくり進行する慢性う蝕があります。急性う蝕は子供に多く、白っぽい色、もしくは歯と同様の色をしています。一方慢性う蝕の場合は、大人に多く、黒っぽい色をしています。

<解決策>
虫歯とわかったら、それ以上進行しないように、早めの虫歯の治療をすることが肝心です。

◆コーヒー、お茶などによる着色

コーヒーや紅茶による着色が、奥歯の溝につくことがありますが、奥歯は虫歯ができやすい場所でもあります。実際、奥歯の溝が黒い場合、虫歯かどうかの判断は、ご自分では大変難しいため、歯科で一度見てもらいましょう。

<解決策>
着色自体は特に歯に害を及ぼすことはありませんが、見た目が気になるという場合には、歯科のクリーニングできれいに落とすことができます。

◆神経がない歯、神経が死んでいる歯

神経を取った歯、神経が自然に死んでしまった歯は、歯に栄養が送られなくなるため、だんだんと歯が全体的に黒ずんできます。

<解決策>
歯の黒ずみは、歯の内部から起こっているため、歯の内部に漂白剤を入れて歯そのものを白くしていくウォーキングブリーチ法、もしくは、全体的にセラミックなどを被せて見た目を良くする方法があります。

◆歯科金属による着色

歯科金属がだんだんと溶け出して、歯を黒くしてしまうことがあります。特に、かつてよく使われていたアマルガムという金属が入っている場合、高頻度で歯に黒い着色が見られます。

<解決策>
こちらも特にこの着色自体に害はありませんが、見た目を改善したい場合には、着色部分を取り除いてセラミック、もしくはコンポジットレジン(歯科用プラスチック)を入れる方法がおすすめです。

◆サホライド

これは主に虫歯の治療がまだできない小さなお子さんの歯に行う「進行止め」の薬で、含まれる銀の成分が歯に黒く着色させてしまいます。

<解決法>
解決策としては、虫歯の治療が可能になったら虫歯を取り除き、きちんと詰め物をするか、もしくは永久歯に生え変わるのをまつか、いずれかの方法があります。

この記事もよく読まれています!

こういった歯に関するお悩みや治療に関して、堺市北野田駅前のおだデンタルクリニックにお任せください。インプラント歯周病歯の予防お子様の歯の治療矯正など様々な治療を承っております。歯に関する些細なお悩みでも医師や衛生師にお伝え下さい。

このページが気に入ったら是非共有して下さい
LINE  はてブ  pinterest 

歯科コラム

お知らせ

2021/11/30
年末年始は12/28午後〜1/4まで休診いたします。
2021/7/30
8月13日〜16日はお盆休みのため休診いたします。
2020/7/29
8月13日(木)〜16日(日)はお盆休みのため休診いたします。
2020/2/8~9
岐阜県、元町デンタルクリニックにて歯周形成外科ハンズオンコースを開講させていただくことになりました
2020/1/28
長崎大学にて講演させていただくことになりました
2020/1/26
LSGP KOBEにて講演させていただくことになりました

Facebook

診療カレンダー

^


ホーム

診療予約

電話をかける