骨が少なくてもインプラントは可能!骨造成法とはについて | 北野田駅すぐ近く 堺市東区、美原区の歯科・歯医者 おだデンタルクリニック

ネット予約
診察・相談のご予約
072-239-1888
診療時間 9:00~18:00(土曜〜17:00)
休診/日曜・祝日

骨が少なくてもインプラントは可能!骨造成法とは

骨が痩せてしまった、足りない、というような理由でインプラントができないと言われた、という方もいらっしゃると思います。インプラントは顎の骨に人工歯根を埋め、その上に人工歯を取り付ける治療法です。つまり、土壌となる骨が十分になければインプラントをしっかりと固定することができないので、骨があることは最低必要条件であると言えます。

ですが、現在では、骨が足りなくても骨そのものを増やしてインプラントを埋められるようにできる技術がいくつか開発されています。過去にインプラント手術を希望したのにできなかった、という方もぜひ参考にしてみてください。

骨造成法の例 <上顎の骨が足りない場合>

インプラントのイメージ図

上顎の奥歯部分の顎の骨は、その上に上顎洞と呼ばれる大きな空洞があることから、歯を失った後は非常に骨が薄くなりがちです。インプラントを埋め込むには、通常10mmほどの骨の厚みを必要としますが、上の奥歯部分の顎の骨ではそのような厚みを確保できないことも多く、骨を増やす方法として次のような方法を行います。

◆ソケットリフト

インプラント手術の際に、埋め込みたい位置の上方部にある上顎洞の底の粘膜を人工的に持ち上げ、それでできたスペースに自家骨(ご自身の骨)や人工骨などを埋め、インプラントを埋め込みます。この手術は、骨の厚みが5−6mm程度残っている場合によく行われます。メリットとして、手術の範囲が狭く、インプラントと同時にできるのでお体の負担が少ない、と言うことがあげられます。デメリットとしては、骨が痩せすぎている場合にはできないこと、また、手術部位が見えないので、慣れていないとうまくいかないことがある、ということがあげられます。

◆サイナスリフト

骨が大幅に減ってしまっているケースや、複数のインプラントを行う目的で一度に広い範囲で骨を増やす必要があるケースで行われます。上顎洞の横の粘膜を切開して穴を開け、明視下で上顎洞の底の粘膜を剥離、挙上し、そこにできたスペースに自家骨や、人工骨を移植します。メリットとしては、骨を一度にたくさん増やせるので、長めのインプラントを入れることができる、また直接手術部位を見ながら行えるので、失敗のリスクが少ない、ということがあげられます。デメリットとしては、骨造成をしてから骨ができるまで半年くらい待たなければならないことや、手術範囲が広めなので、術後の症状が強く出やすいことなどがあげられます。

骨造成法の例 <インプラント周囲に骨を再生させたい場合>

インプラント

◆GBR法

骨が不足している場所に、自家骨や人工骨などを入れ、その周囲をメンブレンと呼ばれる特殊な膜で覆うことによりスペースを確保し、その部分に骨の再生を誘導していく方法です。メリットとしては、骨の欠損によってはインプラントと同時に手術が可能なことや、安全性が高いこと、デメリットとしては、欠損が大きい場合には半年くらい骨ができるのにかかることがあること、また、新しくできた骨が定着せずに剥がれてくることがある、ということがあげられます。

以上は骨造成法の一例です。当院では患者様の骨の欠損に適した骨造成法をご提案させていただきます。ぜひお気軽にお問い合わせください。

この記事もよく読まれています!

こういった歯に関するお悩みや治療に関して、堺市北野田駅前のおだデンタルクリニックにお任せください。インプラント歯周病歯の予防お子様の歯の治療矯正など様々な治療を承っております。歯に関する些細なお悩みでも医師や衛生師にお伝え下さい。

このページが気に入ったら是非共有して下さい
LINE  はてブ  pinterest 

歯科コラム

お知らせ

2021/7/30
8月13日〜16日はお盆休みのため休診いたします。
2020/7/29
8月13日(木)〜16日(日)はお盆休みのため休診いたします。
2020/2/8~9
岐阜県、元町デンタルクリニックにて歯周形成外科ハンズオンコースを開講させていただくことになりました
2020/1/28
長崎大学にて講演させていただくことになりました
2020/1/26
LSGP KOBEにて講演させていただくことになりました

Facebook

診療カレンダー

^


ホーム

診療予約

電話をかける