インプラント後、いつから普通の食事、タバコ、飲酒、運動が可能?について | 北野田駅すぐ近く 堺市東区、美原区の歯科・歯医者 おだデンタルクリニック

ネット予約
診察・相談のご予約
072-239-1888
診療時間 9:00~18:00(土曜〜17:00)
休診/日曜・祝日

インプラント後、いつから普通の食事、タバコ、飲酒、運動が可能?

インプラント手術の後、なるべく早く元の生活に戻りたいですよね。最終的な歯が入るのはもう少し先だとしても、普通の食事、タバコや飲酒、運動はどのくらいから可能なのか、気になる方もいらっしゃると思います。

今回は、インプラント手術後、普段通りの生活はいつ頃から可能なのか、について見ていきたいと思います。

インプラント手術後の飲食について

implant_dailylife_01

インプラント手術直後というのは、傷口を安静にしなければなりません。

お口の中というのは食べ物がどうしても入ってきてしまいますので、安静にするためには、硬いもの、刺激のあるもの、熱いものなどは避ける必要があります。少なくとも1週間はそのような食べ物は避けるようにしましょう。

インプラント手術後のタバコ

タバコは傷口の治りを悪くしますので、インプラント手術をした後にタバコを吸うと、インプラントと骨の結合がしっかりと行われなくなるリスクがあります。そのため、インプラント手術後のタバコは厳禁です。

しかし、タバコというのはそもそも、歯周病のリスクを高めるため、インプラントの場合も同様、喫煙をしていると、周囲に歯周病と同様の状態が起こって、インプラントが長持ちしなくなります。そのため、インプラントをお考えの方には禁煙していただくことをおすすめします。

インプラント手術後の飲酒

implant_dailylife_02

インプラント手術後はできれば1週間くらいは、アルコールは控えましょう。手術後1週間くらいは、まだ手術した部分の腫れが出る時期です。このような時期にアルコールをとってしまうと、より腫れがひどくなってしまいます。

また、術後に抗生剤の服用をしている時期でもありますので、そう言った意味でも薬の服用中のアルコールは控えましょう。

インプラント手術後の運動

インプラントをした後、数日は腫れが出ます。このような時期に激しい運動をすると、血流が良くなってしまい、腫れがよりひどくなる恐れがありますので、できれば術後数日は激しい運動は控えましょう。

これは入浴に関しても同じことが言えます。湯船に浸かって温まりすぎると、血流が良くなって腫れがひどくなる恐れがあるため、数日は湯船に浸かることはせず、シャワー程度にとどめておきましょう。

インプラント手術後の仕事

職種にもよりますが、激しく体を動かす仕事でなければ、また、手術の程度がそれほど重くなければ、インプラント手術後に仕事をするのは特に問題はありません。ですが、もし可能であれば、体の回復をより早めるために休みを取れれば、それが理想的です。

インプラント手術後間もないころというのは、インプラントが骨にくっつくためにとても大事な時期です。細かい注意事項は、個々のケースによっても異なりますので、詳しいことは担当医までお尋ねください。

この記事もよく読まれています!

こういった歯に関するお悩みや治療に関して、堺市北野田駅前のおだデンタルクリニックにお任せください。インプラント歯周病歯の予防お子様の歯の治療矯正など様々な治療を承っております。歯に関する些細なお悩みでも医師や衛生師にお伝え下さい。

このページが気に入ったら是非共有して下さい
LINE  はてブ  pinterest 

歯科コラム

お知らせ

2022/8/2
8月13日〜8月16日はお盆休みのため休診いたします。
2021/11/30
年末年始は12/28午後〜1/4まで休診いたします。
2021/7/30
8月13日〜16日はお盆休みのため休診いたします。
2020/7/29
8月13日(木)〜16日(日)はお盆休みのため休診いたします。
2020/2/8~9
岐阜県、元町デンタルクリニックにて歯周形成外科ハンズオンコースを開講させていただくことになりました
2020/1/28
長崎大学にて講演させていただくことになりました
2020/1/26
LSGP KOBEにて講演させていただくことになりました

Facebook

診療カレンダー

^


ホーム

診療予約

電話をかける