インプラントは体に安全?について | 北野田駅すぐ近く 堺市東区、美原区の歯科・歯医者 おだデンタルクリニック

ネット予約
診察・相談のご予約
072-239-1888
診療時間 9:00~18:00(土曜〜17:00)
休診/日曜・祝日
歯科コラム

インプラントは体に安全?

秋森
この記事を書いたのは…
歯科衛生士 秋森(あきもり)

●日本口腔インプラント学会 インプラント専門歯科衛生士 所属
●日本臨床歯周病学会 所属
みなさまのお口の健康のサポートを笑顔で丁寧にさせて頂きます。安心して任せて頂けるよう学び努力を続けていきます。どんなことでもお気軽にお声がけください。


歯のインプラントは、顎の骨に人工歯根を埋め、その上に被せ物をする治療法ですが、
顎の骨に埋め込むということで、安全性について気になっている方も多いことでしょう。インプラントの素材はチタンと呼ばれる金属ですので、金属アレルギーを起こさないかな?と疑問に感じている方もいると思います。今回はインプラントの安全性について解説していきます。

チタンは体に馴染みやすい金属

チタン製のインプラント

ほとんどのインプラントはチタンいう金属を原材料としています。チタンは生体親和性(体に馴染みやすい性質)が高い金属で、古くから医療の現場では心臓のペースメーカーや、人工関節の材料などに広く活用されています。

ところで、歯科で使われる金属がアレルギーを起こすことがある、ということが問題になることがありますが、それらは主に、ニッケル、クロム、コバルト、銅、インジウム、イリジウム、パラジウムなどです。

チタンは材質的に安定しており、金属アレルギーを非常に起こしにくい金属として知られています。その理由からも体に埋め込まれる材料として選ばれているのです。

金属アレルギーがあってもインプラントはできる?

アレルギー体質の人は年々増えていると言われています。金属アレルギーも例外ではなく、それまで大丈夫であっても突然金属に対してアレルギーを発症することもあります。

ですが、金属アレルギーがあるからといって、すべての金属にアレルギーを起こすわけではありません。金属にはアレルギーを起こしやすい金属、そうでない金属があります。

チタンは金属の中でも特にアレルギーを起こしにくいとして知られています。ただし、ごく稀にチタンでも金属アレルギーを起こすケースがあることが報告されています。そのため金属アレルギーのある方は、インプラント治療を受けると決める前に、その旨を歯科医師に伝えておきましょう。

チタンにアレルギーがあるかどうかを調べるには、事前にパッチテストという検査をして調べておくことができます。

歯科金属アレルギーの症状

歯科金属アレルギーの症状

歯科金属が原因でアレルギーを起こす場合、口の周辺だけでなく、体の全く関係ない部分にも反応が出ることが多いという特徴があります。

口周辺に現れる症状

■口周辺の炎症、ただれ

お口の中の金属は常に唾液と触れ合っているため、金属イオンとなって唾液中に溶け出しやすくなります。唾液中に溶け出した金属イオンは、たんぱく質と結びついて抗原となり、口の粘膜を荒らしたり、口内炎を作ったり、口の周囲にも炎症を起こすことがあります。

■味覚がおかしくなる

舌の表面にアレルギー反応が起こると、味覚に異常をきたすことがあります。

全身に現れる症状

■掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

金属イオンが体内へ入ってタンパク質と結合して抗原となり、汗と一緒に皮膚から排出される時にアレルギー反応を起こします。特に多いのが、手の平や足の裏で、これらの部分は汗をかきやすく、その部分に膿の袋や水疱のような症状を起こす場合があります。これを掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)と言い、金属アレルギーの場合によく見られます。

■湿疹、アトピー性皮膚炎

全身のあちこちの皮膚にも同様に、汗となって出てくる場所に湿疹やアトピー性皮膚炎のような症状を起こすことが確認されています。

このように、金属アレルギーは全身症状として現れる場合、まさか口の中の金属が原因だとは思われず、原因特定されないまま、その症状で苦しみ続けることが少なくありません。

チタンは金属アレルギーを起こす可能性としては低いですが、すでに金属アレルギーのある方は念のために一度調べておくと安心でしょう。

インプラント後に金属アレルギーが起こった場合

もし、インプラント治療後に金属アレルギーが疑われる症状が起こった場合、まずは歯科医師に相談してみましょう。もしその後アレルギーのパッチテストを受けてチタンアレルギーが原因だとわかった場合、インプラントを除去する必要性が出てきます。

もしインプラントを除去することになった場合、代わりの治療法としては、金属不使用のブリッジや入れ歯という選択肢があります。

でも可能であれば、せっかくインプラント治療を受けたのに取り除くということにはしたくないものです。そうならないためにも、すでに金属アレルギーのある人は、インプラントを受ける前に担当医に伝えて検査を受けておくと安心です。

こういった歯に関するお悩みや治療に関して、堺市北野田駅前のおだデンタルクリニックにお任せください。インプラント歯周病歯の予防お子様の歯の治療矯正など様々な治療を承っております。歯に関する些細なお悩みでも医師や衛生師にお伝え下さい。

歯科コラム

お知らせ

2020/2/8~9
岐阜県、元町デンタルクリニックにて歯周形成外科ハンズオンコースを開講させていただくことになりました
2020/1/28
長崎大学にて講演させていただくことになりました
2020/1/26
LSGP KOBEにて講演させていただくことになりました
2019/11/12
九州臨床再生歯科研究会にて講演させていただくことになりました
2019/10/20
岡山大学にてTiハニカムメンブレンのハンズオンコースを開講させていただくことになりました
2018/09/18
この週末に開催されたインプラント学会の優秀研究発表とイブニングセミナーで講演させていただきました
2018.01.27
日本口腔インプラント学会第35回九州支部学術大会にて発表させていただくことになりました(小倉)
2017.12.10
「先進機器導入による医院の差別化」というタイトルで講演させていただきました(大阪ヨシダ)
2017.12.09
顎顔面外科矯正セミナーで「根面被覆術・歯間乳頭再建術」に関して講演させていただきました(大阪)
2017.11.18
PERIODONTAL PLASTIC SURGERY BASIC COURSE(大阪)にて講演させていただくことになりました。
2017.11.05
ペリオドンタルプラスティックサージェリーミーティング(東京)にて講演させていただくことになりました。
2017.10.22
ITIベーシックインプラントロジー(大阪)にて講演させていただくことになりました。
2017.09.29
Ossesintegration Study Club OF Southern California(ロサンゼルス)にて発表させていただくことになりました。
2017.07.29
OJ年次ミーティング2017(東京)にて発表させていただくことになりました。
2017.03.05
「先進機器導入による医院の差別化」というタイトルで講演させていただくことになりました(大阪ヨシダ)
2017.02.11
OSSEOINTEGRATION STUDY CLUB OF JAPAN (東京)にて発表させていただくことになりました。(大阪ヨシダ)
2017.01.08
ヨシダCTユーザーミーティングで講演させていただくことになりました。(大阪ヨシダ)

Facebook

診療カレンダー

^


ホーム

診療予約

電話をかける