痛みを感じにくい虫歯とはどんなもの?について | 北野田駅すぐ近く 堺市東区、美原区の歯科・歯医者 おだデンタルクリニック

ネット予約
診察・相談のご予約
072-239-1888
診療時間 9:00~18:00(土曜〜17:00)
休診/日曜・祝日

痛みを感じにくい虫歯とはどんなもの?

虫歯=痛い、というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。ところが、虫歯であっても痛みを感じないケースというのは意外に多く、相当深い部分まで虫歯が進んでいても、全く痛みを感じないこともあります。実は虫歯には痛みを感じにくいもの、もしくは痛みを全く感じない状態になっている場合というのがあります。

今回は痛みを感じにくい虫歯についてご紹介します。

痛みを感じにくい虫歯とは?

itami_kanjinikui_01

痛みを感じにくい虫歯としては、次のようなものが考えらます。

◆初期の虫歯

虫歯が歯の表面のエナメル質にとどまっている場合には、まだ症状を感じることはありません。

◆慢性う蝕の場合

虫歯は、専門用語では「う蝕」と言いますが、虫歯には大きく分けて進行の速い「急性う蝕」と、進行が遅い「慢性う蝕」というのがあります。

<急性う蝕>
急性う蝕は子供や若い人に多く見られ、短期間で急速に進行します。色はついていないことが多く、歯と同じような色をしていることから見た目には気づかれにくいですが、痛みは感じやすい傾向があります。

<慢性う蝕>
慢性う蝕は大人によく見られ、黒い色をしており、進行がゆっくりであるのが特徴です。何年も進行せずに止まっていることもあります。慢性う蝕の場合、神経に近いところまで行っていても、全く痛みを感じないことも珍しくありません。

◆神経が死んでしまっている場合

虫歯が神経に達すると神経に炎症を起こして強い痛みが出ますが、その後放置していると、神経は死んで感覚を失っていきます。そうなると、激しかった痛みが落ち着き、あたかも虫歯が治ったように感じられることもあります。ですが、この状態を放置していると、内部で細菌が繁殖し、神経が腐って周囲の骨を溶かし、歯茎を腫れさせます。また、それだけでなく、感染が周囲の組織にも広がって蜂窩織炎や副鼻腔炎を起こしたり、さらには血流に入り込むと全身を巡って、心臓や脳へ障害をもたらす場合もあります。

以上のように、虫歯といっても痛みを感じないケースというのはとても多いため、痛みがないから安心、だとは言えません。このような痛みを感じない虫歯をいち早く発見するためには、歯科医院での定期検診を受け、定期的にレントゲンなどを撮るなどして早期発見、早期治療に努めることが大事です。

この記事もよく読まれています!

こういった歯に関するお悩みや治療に関して、堺市北野田駅前のおだデンタルクリニックにお任せください。インプラント歯周病歯の予防お子様の歯の治療矯正など様々な治療を承っております。歯に関する些細なお悩みでも医師や衛生師にお伝え下さい。

このページが気に入ったら是非共有して下さい
LINE  はてブ  pinterest 

歯科コラム

お知らせ

2022/12/1
年末年始は12/28午後〜1/4まで休診いたします。
2022/8/2
8月13日〜8月16日はお盆休みのため休診いたします。
2021/11/30
年末年始は12/28午後〜1/4まで休診いたします。
2021/7/30
8月13日〜16日はお盆休みのため休診いたします。
2020/7/29
8月13日(木)〜16日(日)はお盆休みのため休診いたします。
2020/2/8~9
岐阜県、元町デンタルクリニックにて歯周形成外科ハンズオンコースを開講させていただくことになりました
2020/1/28
長崎大学にて講演させていただくことになりました
2020/1/26
LSGP KOBEにて講演させていただくことになりました

Facebook

診療カレンダー

^


ホーム

診療予約

電話をかける