口内細菌環境が全身の健康を左右する?!について | 北野田駅すぐ近く 堺市東区、美原区の歯科・歯医者 おだデンタルクリニック

ネット予約
診察・相談のご予約
072-239-1888
診療時間 9:00~18:00(土曜〜17:00)
休診/日曜・祝日

口内細菌環境が全身の健康を左右する?!

腸内細菌と体の健康の関係はよく知られています。一方、お口の中の細菌環境というのは、虫歯や歯周病を起こすもの、とだけ思われがちです。ですが、お口の細菌環境というのは、腸内環境同様、体の健康状態と密接に関係しています。

お口の中には数百種類、1000億個以上もの口腔常在細菌がいると言われており、どのような生活をしているかによってその細菌バランスや数は違ってきます。細菌というと、体に害を及ぼすものと認識されがちなのですが、ウイルスから体を守ってくれたりなど有益な働きもしてくれています。

口内細菌環境が乱れると、虫歯や歯周病などトラブルの原因に

koukuusaikinkankyou_01

細菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌に分けられ、その理想的な割合は、善玉菌が2割、悪玉菌が1割、日和見菌が7割、と言われています。虫歯菌や歯周病菌は体に悪影響をもたらす悪玉菌ですが、細菌のバランスが良い状態に保たれていれば、そこに存在するからといって必ずしも悪さをするわけではありません。

お口の清掃状態が悪くなったり、免疫力が落ちたり、といったことが起こると、細菌バランスが崩れ、日和見菌も悪玉菌になびいてしまうので、お口の中の環境は途端に悪くなり、虫歯や歯周病が起こりやすくなります。

口内細菌環境が乱れると、全身疾患を起こすことも

口内細菌環境が乱れ、悪玉菌が優位になると、虫歯や歯周病だけでなく、全身にまで影響が及びます。具体的には、細菌が血管から血中へ、そして呼吸器から肺の方へ行くことで、さまざまな病気を引き起こします。例えば、心臓病、脳梗塞、動脈硬化、糖尿病、肺炎、といったものが代表的です。これらの病気は命に関わることもあるので、決して侮ることはできません。

このような病気の全てがお口の細菌が原因、というわけではありませんが、関係している場合も決して少なくはないため、リスクを減らすためにも、口内細菌環境を整えておくことはとても大事なことだといえます。

口内細菌環境を良い状態に保つ方法

口内細菌環境をいつも良い状態に保つためには、次のことに気をつけ、実践するようにしましょう。

◆歯磨きはこまめに

歯磨きを怠ると、悪玉菌が増えてしまいます。少なくとも1日に2回は磨きをして、悪玉菌がはびこらない環境づくりをしましょう。

◆歯科医院の定期クリーニング

歯磨きをしていても、磨ききれない歯垢や歯石が溜まります。良い口内細菌環境を維持するためには、一般的には3〜6ヶ月に一度のクリーニングがおすすめです。

◆健康的な生活を心がける

睡眠不足やストレスの蓄積は免疫を落としてしまいます。また、暴飲暴食、不規則な生活もよくありません。健康的な生活を心がけることで、自ずとお口の細菌環境も整いやすくなっていきます。また、タバコや過度の飲酒も口内細菌環境を乱す原因となりますので、気をつけましょう。

口内細菌環境は、ちょっと気をつけるだけでも改善していきます。ぜひ参考にしてみてください。

この記事もよく読まれています!

こういった歯に関するお悩みや治療に関して、堺市北野田駅前のおだデンタルクリニックにお任せください。インプラント歯周病歯の予防お子様の歯の治療矯正など様々な治療を承っております。歯に関する些細なお悩みでも医師や衛生師にお伝え下さい。

このページが気に入ったら是非共有して下さい
LINE  はてブ  pinterest 

歯科コラム

お知らせ

2022/8/2
8月13日〜8月16日はお盆休みのため休診いたします。
2021/11/30
年末年始は12/28午後〜1/4まで休診いたします。
2021/7/30
8月13日〜16日はお盆休みのため休診いたします。
2020/7/29
8月13日(木)〜16日(日)はお盆休みのため休診いたします。
2020/2/8~9
岐阜県、元町デンタルクリニックにて歯周形成外科ハンズオンコースを開講させていただくことになりました
2020/1/28
長崎大学にて講演させていただくことになりました
2020/1/26
LSGP KOBEにて講演させていただくことになりました

Facebook

診療カレンダー

^


ホーム

診療予約

電話をかける