インプラントって天然歯とココが違う!インプラントを長持ちさせるために気をつけたいポイントについて | 北野田駅すぐ近く 堺市東区、美原区の歯科・歯医者 おだデンタルクリニック

ネット予約
診察・相談のご予約
072-239-1888
診療時間 9:00~18:00(土曜〜17:00)
休診/日曜・祝日

インプラントって天然歯とココが違う!インプラントを長持ちさせるために気をつけたいポイント

インプラントは、天然歯のような見た目や噛み心地が得られる、というのが大きなアピールポイントとなっている治療法であり、「まるで自分の歯が蘇る」「第二の永久歯」というような表現をされることもあります。ですが、インプラントは天然の歯と全く同じというわけではなく、生体との結合の仕方や環境などに違いがあるので、その点に配慮した扱いが必要になってきます。

今回は、インプラントを長持ちさせるために気をつけたいポイントについてご紹介します。

インプラントと天然歯の違い

natural_teeth_implant_02

インプラントは天然歯に比べて、次のような特徴があります。

◆インプラントは感染が起こりやすい

天然歯と骨の間には、歯根膜と呼ばれる靭帯がありますが、インプラントにはそれが存在しないので、血液供給される場所が天然歯よりも少なくなります。血液供給が少ないということは、
感染した際に、防御する働きをする白血球の数も少なくなるということになりますので、免疫が天然歯ほど働かず感染が起こりやすい、ということが言えます。

◆インプラントは歯茎の炎症が奥に行きやすい

天然歯の場合、歯茎の線維は歯根表面のセメント質の内部に入り込み、強固にくっついています。ところがインプラントにはセメント質が存在しないので、歯茎とゆるくくっついているだけです。そのため、歯茎に炎症が起こると、その付着が簡単に剥がれて、炎症が深部に達しやすくなります。

◆インプラントは噛み合わせのダメージを受けやすい

天然歯と骨の間にある歯根膜は、歯に力がかかった時にクッションの役割をし、異常な力からある程度防御してくれています。ですが、インプラントには歯根膜がなく、骨とダイレクトにくっついていますので、力が緩衝されず、骨に直接ダメージを与えてしまいます。

また、歯根膜がないと、異常な力がかかっていても痛みなどのサインを感じないので、どんどん異常な力をかけ続けてしまうことになり、悪化が進みやすくなります。

インプラントを長持ちさせるために気をつけたいポイント

natural_teeth_implant_01

インプラントは虫歯にならないし、天然歯よりも丈夫だと思っている人がいますが、それは大きな間違いです。むしろ、細菌感染や、歯を守る機構に関しては天然歯よりも弱いですので、天然歯よりも扱いに気をつける必要があります。

インプラントが入っている方、またはこれからインプラントを入れようと考えている方は、インプラントが天然歯よりも弱いということをよく覚えておいていただき、細菌感染と噛み合わせの力のコントロールに対して注意を払っていただく必要があります。

ですが、それほど神経質に難しく考えていただく必要はありません。ご家庭での毎日の歯磨きを丁寧に行っていただき、定期的な歯科での検診やメインテナンスをきちんと行っていただければ、ほとんどの場合はインプラントを長持ちさせることが可能です。

この記事もよく読まれています!

こういった歯に関するお悩みや治療に関して、堺市北野田駅前のおだデンタルクリニックにお任せください。インプラント歯周病歯の予防お子様の歯の治療矯正など様々な治療を承っております。歯に関する些細なお悩みでも医師や衛生師にお伝え下さい。

このページが気に入ったら是非共有して下さい
LINE  はてブ  pinterest 

歯科コラム

お知らせ

2022/8/2
8月13日〜8月16日はお盆休みのため休診いたします。
2021/11/30
年末年始は12/28午後〜1/4まで休診いたします。
2021/7/30
8月13日〜16日はお盆休みのため休診いたします。
2020/7/29
8月13日(木)〜16日(日)はお盆休みのため休診いたします。
2020/2/8~9
岐阜県、元町デンタルクリニックにて歯周形成外科ハンズオンコースを開講させていただくことになりました
2020/1/28
長崎大学にて講演させていただくことになりました
2020/1/26
LSGP KOBEにて講演させていただくことになりました

Facebook

診療カレンダー

^


ホーム

診療予約

電話をかける