一番虫歯になりやすい歯ってどれ?について | 北野田駅すぐ近く 堺市東区、美原区の歯科・歯医者 おだデンタルクリニック

ネット予約
診察・相談のご予約
072-239-1888
診療時間 9:00~18:00(土曜〜17:00)
休診/日曜・祝日

一番虫歯になりやすい歯ってどれ?

虫歯ができやすい歯があるのをご存知ですか?虫歯ができる場合、多くの人が真っ先にできる歯というのは大体決まっています。この歯は他の歯と比べても重要な働きをする歯で、この歯を虫歯にするかどうかで、その後の人生におけるお口の健康が左右されることもあります。

今回は一番虫歯になりやすい歯は何か、そして虫歯にしないための方法についてご紹介します。

一番虫歯になりやすい歯

six-year_molar_02

一般的に虫歯ができやすいのは、乳歯の場合も、永久歯の場合も奥歯です。ただし、乳歯の場合はいずれ抜けてしまいますので、たとえ虫歯になっても、その後巻き返しが可能です。

永久歯の場合には、生え変わりがありませんので、一度虫歯になって失われた部分は元に戻すことはできません。治療はできますが、それは違う材料で補っているだけで、かろうじて進行を止めているに過ぎず、再発のリスクは常に伴います。

永久歯で一番虫歯になりやすいのは、6歳臼歯とも呼ばれる第一大臼歯です。これは6歳前後に、乳歯の奥歯の後ろから生えてくる歯で、小さな頃に生えてくるためにケアが行き届かず、虫歯になってしまう人がとても多いのです。

6歳臼歯はなぜ大事?

6歳臼歯は、全ての歯の中で最も大きく、一番噛む力の強い歯で、ものを噛む際に非常に重要な役割を果たします。また、噛み合わせを決める上でもとても重要になってきます。そのため、この歯がダメになってしまうと、お口の中にさまざまな不具合が起こりやすくなります。

6歳臼歯が虫歯になりやすい理由

six-year_molar_01

6歳臼歯が虫歯になりやすい理由として、次のようなことがあげられます。

◆乳歯の奥から生えてくるため、生えてきたことに気づかれず、歯ブラシが当たっていない
◆生えたての奥歯はすり減っていないので、相対的に歯の溝が深くなり、汚れが溜まりやすい
◆生えかけの歯は質が完成していないが、幼い年齢で生えてくるため、子供一人で磨いている場合、うまく磨けていない

このような様々な要素により、6歳臼歯が虫歯にかかるリスクというのは、年齢が低いほど高くなり、多くの場合は生えて間もない頃に起こります。

6歳臼歯を虫歯にしないための方法

6歳臼歯を虫歯にしないためには、まず6歳前後になったら乳歯の後ろ側から新しい歯が生えていないか、ということを保護者の方がよく観察してあげることが大事です。

そして、もし生えてきたらしっかりと歯ブラシを当てて磨くこと、また、その際はお子さん一人で歯磨きを完結するのではなく、夜だけでもいいので、保護者の方が仕上げ磨きをしてあげましょう。

また、歯科医院で虫歯を予防するためのフッ素塗布や、奥歯の溝の虫歯を予防するシーラントをすると、さらに虫歯予防効果が高まります。

この記事もよく読まれています!

こういった歯に関するお悩みや治療に関して、堺市北野田駅前のおだデンタルクリニックにお任せください。インプラント歯周病歯の予防お子様の歯の治療矯正など様々な治療を承っております。歯に関する些細なお悩みでも医師や衛生師にお伝え下さい。

このページが気に入ったら是非共有して下さい
LINE  はてブ  pinterest 

歯科コラム

お知らせ

2022/8/2
8月13日〜8月16日はお盆休みのため休診いたします。
2021/11/30
年末年始は12/28午後〜1/4まで休診いたします。
2021/7/30
8月13日〜16日はお盆休みのため休診いたします。
2020/7/29
8月13日(木)〜16日(日)はお盆休みのため休診いたします。
2020/2/8~9
岐阜県、元町デンタルクリニックにて歯周形成外科ハンズオンコースを開講させていただくことになりました
2020/1/28
長崎大学にて講演させていただくことになりました
2020/1/26
LSGP KOBEにて講演させていただくことになりました

Facebook

診療カレンダー

^


ホーム

診療予約

電話をかける