歯の磨き方、こんな磨き方は歯をダメにする!について | 北野田駅すぐ近く 堺市東区、美原区の歯科・歯医者 おだデンタルクリニック

ネット予約
診察・相談のご予約
072-239-1888
診療時間 9:00~18:00(土曜〜17:00)
休診/日曜・祝日

歯の磨き方、こんな磨き方は歯をダメにする!

歯は一生懸命磨けば磨くほど良い、と思っていませんか?歯磨きは歯を健康に保つ上で欠かせないものですが、ただゴシゴシとたくさん磨けば良い、というものでもありません。実際に一生懸命ゴシゴシ磨いている人ほど、そのことが原因で歯にトラブルを起こしていることも少なくありません。歯の間違った磨き方について見ていきましょう。

NGな磨き方とその悪影響

色とりどりの歯ブラシ

1.力を入れてゴシゴシ磨いている

ゴシゴシ磨いたほうがよく汚れが落ちると思ってついつい力が入りがちですが、やり過ぎると歯も歯茎もダメージを受けてしまいます。そうすると次のようなことが起こります。

◆知覚過敏
歯を強く磨き過ぎると歯がすり減り、内部の象牙質が露出して、冷たいものなどにしみる「知覚過敏」を」起こしやすくなります。

◆歯茎が下がって歯が長く見える
過剰なブラッシングで歯茎に傷がつくと、歯茎が下がってしまい、歯が長く見えるようになります。

◆歯根にむし歯ができやすくなる
歯の表層のエナメル質は虫歯に対する抵抗性があるのですが、内部の弱い象牙質が露出すると、虫歯にかかりやすくなります。

2.硬すぎる毛の歯ブラシを使っている

硬めの歯ブラシは磨く効率は良いのですが、あまり硬いものを使うと、歯が削れやすく、歯茎にもダメージが加わりやすいので、1の場合と同様のことが起こりやすくなります。

3.毛先の広がった歯ブラシを使っている

歯ブラシは使ううちに毛先が広がりますが、毛先があまりに広がってしまった歯ブラシでは、汚れをきちんと落とせなくなります。そのような歯ブラシを使い続けると、磨いているのに汚れが落ちずに虫歯や歯周病のリスクが高まります。歯ブラシを背の方から見て、毛先がはみ出していたら交換するようにしましょう。

4.ヘッドの大きな歯ブラシを使っている

歯ブラシのサイズには色々あります。一見、大きな毛先の方が効率よく磨けそうに思えますが、口の中では小回りがきかず、細かい部分に毛先が当たらないので、結果的に磨き残しが多く出てしまいます。

5.磨く回数が多過ぎる

お口の健康に気を使い、1日に5回、6回、もしくはそれ以上磨いているという方が時々いますが、あまりに磨き過ぎるのも歯や歯茎を傷めてしまいますし、さらには唾液の良い効果も発揮されづらくなり、逆効果です。

6.食後すぐに磨いている

食後というのは、摂取した糖質により口の中が酸性に傾き、歯が溶かされ始めますが、唾液によって徐々に中和されていき、歯が再石灰化され、虫歯にならないような機構が働いています。すぐに歯磨きをしてしまうと、口の中が酸性のまま磨くと、歯が削れやすくなるとも言われているため、食後の歯磨きは30分以上待ってからやるのが無難です。

歯磨きで歯をダメにしないために

歯ブラシに歯磨き粉を載せている図

歯磨きで歯や歯茎がダメになってしまっては、元も子もありません。ですが、残念ながら、正しい磨き方ができている人というのはそれほどいないのが現状です。歯磨きで歯をダメにしないためには、大まかには上記のことに気をつけて磨いていただくと良いかと思います。

ですが、現実的には歯磨きの仕方や自分に合った歯ブラシというのは、人それぞれ異なる部分もありますので、一度歯科でじっくりとブラッシング指導を受けて、ご自分にあった歯磨き方法のアドバイスを受けられることをおすすめします。

この記事もよく読まれています!

こういった歯に関するお悩みや治療に関して、堺市北野田駅前のおだデンタルクリニックにお任せください。インプラント歯周病歯の予防お子様の歯の治療矯正など様々な治療を承っております。歯に関する些細なお悩みでも医師や衛生師にお伝え下さい。

このページが気に入ったら是非共有して下さい
LINE  はてブ  pinterest 

歯科コラム

お知らせ

2020/7/29
8月13日(木)〜16日(日)はお盆休みのため休診いたします。
2020/2/8~9
岐阜県、元町デンタルクリニックにて歯周形成外科ハンズオンコースを開講させていただくことになりました
2020/1/28
長崎大学にて講演させていただくことになりました
2020/1/26
LSGP KOBEにて講演させていただくことになりました

Facebook

診療カレンダー

^


ホーム

診療予約

電話をかける