親知らずを抜くメリット・デメリットとはについて | 北野田駅すぐ近く 堺市東区、美原区の歯科・歯医者 おだデンタルクリニック

ネット予約
診察・相談のご予約
072-239-1888
診療時間 9:00~18:00(土曜〜17:00)
休診/日曜・祝日

親知らずを抜くメリット・デメリットとは

親知らずを抜こうかどうか迷っている方もいるのではないでしょうか。親知らずはよく「抜いたほうがいいよ」などと言われますが、やはりできれば抜きたくないと言う方も多いものです。
今回は親知らずを抜くメリット・デメリットについてご紹介します。

親知らずを抜くメリット

wisdom_tooth_merit_demerit_02

次のようなケースにおいては、抜歯をすることが強く勧められます。

◆歯磨きがしやすくなる

親知らずはかなり奥に位置していますので、しっかり磨くためには意識をして行う必要があり、何気なく磨いていると多くの場合は隅々まで磨けていません。また、親知らずはまっすぐ生えていない場合も多く、横向きに倒れている場合などは特に、磨くのが大変になってしまいます。
親知らずを抜くことで、そのような磨き残しが出ることもなくなります。

◆お口のトラブルが減る

親知らずというのは歯周病や虫歯などの歯の病気を起こす原因になりやすいだけでなく、歯並びを悪くしてしまったり、顎関節症を起こしてしまったりすることもあります。親知らずを抜いておくと、そのような不快なトラブルを未然に防ぐことができます。

◆口臭が改善する

親知らずがあると磨き残しが出やすいこと、虫歯や歯周病などの歯のトラブルを起こしやすいため、口臭も必然的に起こりやすくなります。実際に、頑固な口臭の原因が親知らずだった、ということも少なくありません。

親知らずを抜くデメリット

wisdom_tooth_merit_demerit_01

◆抜いた後の症状に耐えなければならない

親知らずを抜いた後というのは、多かれ少なかれ、抜いた後の痛みや腫れ、出血といった症状が起こりますし、1週間くらいはものを食べるのが不便になります。顔が大きく腫れることもあります。ひどい場合には、それほど多いケースではありませんが、抜いた後2週間ほど痛みが続くこともあります。

◆親知らずを抜くリスクがある

親知らずが骨の深い位置に埋まっている場合、親知らずを抜く際に大きな神経や血管を傷つけてしまうことがあり、それによって神経の麻痺や大量出血を起こすことが稀にあります。ただし、このようなことは、あらかじめCT撮影を行い、歯の位置を正確に把握しておくことで回避することができます。

◆将来的に移植やブリッジの支台として使えなくなる

親知らずを残しておくことで、例えば別の歯を抜かなければならなくなった際にブリッジを支える歯として使えたり、親知らずを移植することができたり、ということが将来的に可能になります。親知らずを抜いてしまうとそのようなことができなくなりますが、普段から歯を大切にケアしていればそのような心配は無用です。

以上のように、親知らずを抜くことにはメリット・デメリットの両方がありますが、それぞれの親知らずの状態によってもどちらの比重が多くなるかというのは異なりますので、担当のドクターとよく相談されることをお勧めします。

この記事もよく読まれています!

こういった歯に関するお悩みや治療に関して、堺市北野田駅前のおだデンタルクリニックにお任せください。インプラント歯周病歯の予防お子様の歯の治療矯正など様々な治療を承っております。歯に関する些細なお悩みでも医師や衛生師にお伝え下さい。

このページが気に入ったら是非共有して下さい
LINE  はてブ  pinterest 

歯科コラム

お知らせ

2021/11/30
年末年始は12/28午後〜1/4まで休診いたします。
2021/7/30
8月13日〜16日はお盆休みのため休診いたします。
2020/7/29
8月13日(木)〜16日(日)はお盆休みのため休診いたします。
2020/2/8~9
岐阜県、元町デンタルクリニックにて歯周形成外科ハンズオンコースを開講させていただくことになりました
2020/1/28
長崎大学にて講演させていただくことになりました
2020/1/26
LSGP KOBEにて講演させていただくことになりました

Facebook

診療カレンダー

^


ホーム

診療予約

電話をかける