理事長・ドクター紹介について | 北野田駅すぐ近く 堺市東区、美原区の歯科・歯医者 おだデンタルクリニック

ネット予約
診察・相談のご予約
072-239-1888
診療時間 9:00~18:00(土曜〜17:00)
休診/日曜・祝日
LINEで送る

このエントリーを Google ブックマーク に追加
このエントリーをはてなブックマークに追加


理事長・ドクター紹介

理事長

理事長 小田師巳
理事長・歯科医師
小田 師巳 おだ のりみ

皆様こんにちは。医療法人おだデンタルクリニック理事長の小田師巳です。私はこの北野田の地に2005年の春、自分の歯科医師人生をかける決意で「おだデンタルクリニック」を開設いたしました。開業当初は若い歯科医師の新規医院に来てくださる患者様は多くはなく、とても苦労した記憶があります。しかし、現在では開業10年を超え、スタッフ総数も30人に達しようかという規模の医院に成長いたしました。この間、多くの変動がありましたが、変わらないものがあります。それは私の治療に対する信念と熱意です。
日本で一般的に行われていた部位ごとの単発の治療では、短期間で再治療が必要になることが多く、「また治療しなければいけないのですか?」と嘆く患者様を多くみてきました。これが本当に私の生涯をかけるべき歯科治療なのか?と疑問を抱き、開業当初から欧米の先端医療施設で行われていた、全ての歯を1つの口とみなして全体的な治療を行う、1口腔内単位の包括的な歯科治療の勉強に明け暮れ、その技術の習得に努力してまいりました。

そのため、開業医をしながら母校の岡山大学大学院に通い、むし歯になった歯に対して行う「かぶせ物」や歯が失ってしまった部位に行う「インプラント治療」を専門に、科学的な考え方を学びました。またその技術の習得には国内はもちろん、アメリカやヨーロッパなどの海外にも年に3回以上は勉強に行くようになりました。そのような勉強をすればするほど、歯を支えている歯槽骨を溶かしてしまう歯周病の治療・予防の重要性を再認識し、自身の勉強とともに歯科衛生士のレベルアップにも力を注いでまいりました。現在では当医院の衛生士は全国どこの医院に連れて行っても恥ずかしくない、高度な技術を持っていると自負しております。私自身も臨床歯周病学会の理事という要職を拝命し、歯周病に対する勉強と教育活動を継続しています。
さらに近年では、重篤なむし歯や歯周病を引き起こす患者さんの多くは歯並びが悪く、ブラッシングしにくいことがその主な原因であると考え、子供の頃から歯並びを改善すればそのような治療をする必要性が減少すると考え、小児矯正にも力を入れるようになりました。
このように私は開業以来、治療した状態が長く維持できるような治療を心がけ、そのための努力は惜しみません。よって、当医院には時間はかかっても丁寧で治療結果が長く保てる、良質な治療を希望する患者様に来院していただきたいと考えています。それは科学的で永続性のある治療を提供できることが、私の歯科医師としての誇りだからです。
今後とも「おだデンタルクリニック」を宜しくお願いいたします。

所属・役職

  1. 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 インプラント再生補綴学分野
  2. 岡山大学病院 診療講師
  3. ITI(The International Team for Implantology)講師
  4. スイスStrauman社 インプラントシステム(世界トップシェア2018年現在)講師
  5. Study Club EN 理事

所属学会

  1. 日本口腔インプラント学会 専門医
  2. 日本補綴歯科学会
  3. 日本臨床歯周病学会 関西支部理事
  4. 日本顕微鏡歯科学会
  5. 日本歯科審美学会
  6. 日本審美歯科協会

略歴

2001年3月 国立岡山大学歯学部 卒業
2001年4月~2005年4月 小室歯科難波診療所にて勤務
2005年5月 おだデンタルクリニック 開院
2007年5月 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 インプラント再生補綴学分野 所属
2011年3月 岡山大学病院口腔インプラント講習会 講師
2012年3月 岡山大学 博士(歯学)を取得
2018年4月 岡山大学病院 診療講師

著書

  1. 補綴臨床別冊『審美歯科・インプラントワードブック』(共著)2010 医歯薬出版株式会社
  2. 補綴臨床 Vol.43・No.1・2010『臨床家が知っておきたい補綴最新トピックス・少数歯欠損における口腔インプラント治療』(共著) 医歯薬出版株式会社
  3. Mucogingival Esthetic Surgery (共翻訳)2014 クインテッセンス出版株式会社
  4. エビデンスに基づいたペリオドンタルプラスティックサージェリー(共著)2016 クインテッセンス出版株式会社
  5. 世界が認めた「あの」テクニックの臨床応用 Urbanらのソーセージテクニック PRD YEAR BOOK 2017クインテッセンス出版
  6. 3Dイラストで見るペリオドンタルプラスティックサージェリー天然歯編 2017クインテッセンス出版
  7. Urban IA著 垂直的および水平的歯槽堤増大術 ソーセージテクニックと新たなコンビネーションテクニック 2018 翻訳 クインテッセンス出版

歯科医師

稲野眞司
歯科医師
稲野 眞司 いなの しんじ

こんにちは.歯科医師の稲野です。私は岡山大学を卒業し、地元である大阪に戻ってまいりました。その後、大阪大学大学院で「歯ぎしり」について臨床研究を行いながら、かぶせ物やインプラント治療を専門に診察を続けてまいりました。治療後に「以前のようにしっかり噛める」と患者様に喜んでいただけたことは私の喜びでもありました。大阪大学病院で学んだ治療技術を地域医療で貢献したいと考え始めた時にご縁を頂いたのが「おだデンタルクリニック」でした。
歯科用CT、歯科用顕微鏡、手術室など大学病院に勝るとも劣らない先端設備が揃っているだけでなく、理事長の歯科医療に対する徹底した信念と熱意、そしてそれを支えるスタッフ達によって、患者様が長く健康なお口の状態を保つことができているという治療レベルの高さを目の当たりにし、程なく就職を希望したことを覚えています。
患者様のお口の状況によっては、医院理念である「1口腔単位」の治療は簡単に終わらないこともあります。時に、歯科矯正治療や歯周病の手術、インプラント治療などをご提案することもあります。そのような全顎的な治療が必要な場合、1年以上の治療期間がかかることもあります。しかし、私たちが見据えているのはその場しのぎのすぐに再治療が必要となるような治療ではなく、治療後の状態がトラブルなく長く機能してくれる未来です。私たちはそのための最良の方法をご提案します。患者様と相談し、ご納得していただける中で、より永続性のある治療をすすめていければ幸いです。

所属

  1. 大阪大学大学院歯学研究科顎口腔機能再建学講座クラウンブリッジ補綴学分野 研修登録医
  2. 日本補綴歯科学会 専門医
  3. 日本口腔インプラント学会

略歴

2006年3月 国立岡山大学歯学部 卒業
2007年3月 国立大阪大学歯学部卒後臨床研修修了
2011年3月 大阪大学 博士号(歯学) 取得
2012年4月~2014年3月 大阪大学歯学部附属病院口腔補綴科 医員
2014年4月 おだデンタルクリニックに入職

学術・学会発表

2009年4月 第6回アジア補綴歯科学会@ソウル 発表 優秀ポスター賞受賞
2011年9月 第14回国際補綴歯科学会@ハワイ 発表
2013年11月 International journal of Prosthodonticsに論文掲載(筆頭著者)
筒井絢子
歯科医師
筒井 絢子 つつい あやこ

初めまして。歯科医師の筒井です。
私は徳島大学を卒業し、大学病院で臨床研修を積みました。その後、より高いレベルの治療を学びたいという気持ちが強くなり、一念発起しておだデンタルクリニックに入職しました。
お口の中の問題は人によって様々です。当院では治療に入る前に、必ずブラッシングの確認をさせて頂いています。ブラッシングがうまくできないと治療はうまく進みませんし、治療後もすぐに悪くなり再治療が必要になってしまいます。そのため、患者様のお口にあった清掃方法を一緒に考えることが、重要な治療の第一歩だと考えています。治療終了後の状態が長く持つように、丁寧な治療を心がけると共に、患者様がセルフケアしやすい環境を整えることを治療目標にしております。
治療が終了した患者様が定期検診に来られて、お口の中が綺麗でお変わりがないことを確認できると、担当歯科医師として大変嬉しく思います。
むし歯や歯周病などの口腔内の疾患は、食生活や生活習慣と深く関わっています。歯科治療を通して患者様の口腔内環境や日々の生活環境を改善し、皆様の全身的な健康に寄与したいと思っています。
治療前はもちろんですが治療中でも、どんな些細なことでも結構ですので、お気軽にご相談下さい。

所属

  1. 日本口腔インプラント学会

略歴

2015年3月 徳島大学歯学部歯学科卒業
2016年3月 香川大学医学部付属病院卒後臨床研修終了
2016年4月 おだデンタルクリニックに入職
家始聡介
歯科医師
家始 聡介 かし そうすけ

初めまして。歯科医師(歯科麻酔医)の家始です。私は大学院で歯科麻酔学を専攻し、学位を取得しました。皆様は歯科治療に対してどのようなイメージをお持ちになっているでしょうか?
歯を削るドリルの恐怖、注射の痛み、また長時間のお口を開けたままの治療・・・
不安や恐怖が積み重なっていくと歯科受診を避けるようになっていきます。そのような方にリラックスして治療を受けていただけるように、吸入麻酔法(笑気ガス)や静脈内鎮静法(セデーション)という精神鎮静法があります。鼻からお薬を吸うだけでリラックスして治療を受けられる吸入麻酔法は、お子様や歯科治療に恐怖心がある大人の方に最適です。
また、大きなインプラント手術などでは、点滴から麻酔液を入れていく静脈内鎮静法を行ったりもします。静脈内鎮静法は手術時の恐怖心や不快感を和らげ、吸入麻酔法よりも確実な鎮静効果を得ることができ、「寝ている間に手術が終わっていたわ」と言われる患者様もたくさんおられます。
歯科治療を受診したいけど恐くてためらっている方、私に一度ご相談ください。
鎮静法でリラックスした状態で歯科治療を受け、綺麗な口元を一緒に手に入れましょう!

所属

  1. 日本歯科麻酔学会会員
  2. 日本歯科顕微鏡学会会員

略歴

2008年 朝日大学歯学部卒業
2010年 朝日大学歯学部付属病院臨床研修歯科医師修了
2014年 朝日大学歯学部総合医科学講座麻酔学分野大学院卒業 博士号(歯学)取得
2015年 岐阜市コメット歯科クリニック入職
2017年 おだデンタルクリニックに入職

歯科コラム

お知らせ

2018/09/18
この週末に開催されたインプラント学会の優秀研究発表とイブニングセミナーで講演させていただきました
2018.01.27
日本口腔インプラント学会第35回九州支部学術大会にて発表させていただくことになりました(小倉)
2017.12.10
「先進機器導入による医院の差別化」というタイトルで講演させていただきました(大阪ヨシダ)
2017.12.09
顎顔面外科矯正セミナーで「根面被覆術・歯間乳頭再建術」に関して講演させていただきました(大阪)
2017.11.18
PERIODONTAL PLASTIC SURGERY BASIC COURSE(大阪)にて講演させていただくことになりました。
2017.11.05
ペリオドンタルプラスティックサージェリーミーティング(東京)にて講演させていただくことになりました。
2017.10.22
ITIベーシックインプラントロジー(大阪)にて講演させていただくことになりました。
2017.09.29
Ossesintegration Study Club OF Southern California(ロサンゼルス)にて発表させていただくことになりました。
2017.07.29
OJ年次ミーティング2017(東京)にて発表させていただくことになりました。
2017.03.05
「先進機器導入による医院の差別化」というタイトルで講演させていただくことになりました(大阪ヨシダ)
2017.02.11
OSSEOINTEGRATION STUDY CLUB OF JAPAN (東京)にて発表させていただくことになりました。(大阪ヨシダ)
2017.01.08
ヨシダCTユーザーミーティングで講演させていただくことになりました。(大阪ヨシダ)

Facebook

診療カレンダー

^


ホーム

診療予約

電話をかける