妊娠中に歯が悪くなる理由は「栄養が取られるから」ではない!?本当の理由とはについて | 北野田駅すぐ近く 堺市東区、美原区の歯科・歯医者 おだデンタルクリニック

ネット予約
診察・相談のご予約
072-239-1888
診療時間 9:00~18:00(土曜〜17:00)
休診/日曜・祝日
歯科コラム

妊娠中に歯が悪くなる理由は「栄養が取られるから」ではない!?本当の理由とは

秋森
この記事を書いたのは…
歯科衛生士 秋森(あきもり)

●日本口腔インプラント学会 インプラント専門歯科衛生士 所属
●日本臨床歯周病学会 所属
みなさまのお口の健康のサポートを笑顔で丁寧にさせて頂きます。安心して任せて頂けるよう学び努力を続けていきます。どんなことでもお気軽にお声がけください。


妊娠・出産を機に歯を悪くしてしまう方は多くいらっしゃいます。そのため、赤ちゃんに栄養が取られるから歯が悪くなってしまうと思われていることが多いようですが、実はこれは正しくありません。妊娠中に歯が悪くなりやすい理由は別なところにあり、またこの理由を知ることで歯が悪くならないように対処することができます。

妊娠中のお母さんのお口の環境の悪化は、お腹の赤ちゃんにも影響してきます。今回は妊娠中にお口の状態を悪くしないためのコツをお伝えします。

妊娠中に起きやすいお口のトラブルはどんなもの?

口を手で覆う女性

妊娠中に起こりがちなお口のトラブルとしては次のようなものがあります。

・口の中が粘つく
・口臭がきつくなる
・虫歯ができやすくなる
・歯茎の出血・腫れ
・親知らずのトラブル

妊娠中のお口トラブルの理由

妊娠中にお口のトラブルが起きやすくなるのは次のような理由からです。

女性ホルモンの変化

妊娠すると女性ホルモンが急増します。歯周病の原因菌の中にはこの女性ホルモンを好むものがいて、妊娠を機にこの歯周病菌も急増してしまうことにより、歯周病を引き起こしやすくなります。

唾液の性状の変化

女性ホルモンの変化により、血管の透過性が高まって唾液が濃くなり、ネバネバした唾液の状態になります。ネバネバした唾液はお口の洗浄作用に劣るため、細菌が繁殖しやすくなり、虫歯や歯周病のリスクが高まります。

免疫力の低下

妊娠中は免疫力が落ちます。それはホルモンバランスの変化、つわりによる栄養状態の悪化、ストレスを感じやすいというようなことが原因になっています。免疫力が落ちると、感染症にかかりやすくなります。当然感染症である歯周病にもかかりやすい免疫状態になります。

つわりによる食生活の変化

つわりにより、食べ物の嗜好が変化し、偏った食生活になりがちです。また、食べる回数が増えたり不規則になったりすることによってもお口の環境が悪化します。

つわりによる歯磨き不足

つわりにより歯ブラシを口に入れるのが困難になったり、歯磨き粉の匂いに耐えられず、歯磨きがおろそかになりがちで、お口の中が不潔になりやすくなります。

つわりによる嘔吐

つわりによる嘔吐が頻繁な場合、胃液の酸で歯がダメージを受けてしまいます。

妊娠中のお母さんの口内の悪化は赤ちゃんにも影響を及ぼします

妊婦

妊娠中に歯周病が悪化すると、歯周病菌が産生する炎症性物質が血管を通って胎盤に影響し、子宮収縮を促して早産を引き起こす可能性があります。

また、歯周病菌が胎盤に影響を及ぼし、胎児の正常な発育を邪魔して低体重児を招く恐れがあるとも言われています。歯周病にかかっている人の早産・低体重児出産のリスクは、そうでない人に比べて7倍も高いことがわかっています。

低体重児として生まれた子供は、のちに腎臓病や糖尿病のような生活習慣病にかかりやすいという研究結果もあり、なるべくそのようなリスクは避けたいところです。

妊婦さんが虫歯にかかっている場合、虫歯菌がお口に多い状態になります。そうすると生まれてくる赤ちゃんにいずれ虫歯菌が移りやすくなり、お子さんが虫歯にかかりやすくなるリスクがあります。

妊娠中にお口の環境を悪くさせないためのコツ

妊娠中の唾液の状態やホルモンバランスの変化、免疫力の低下で虫歯や歯周病になりやすいのは仕方のないことですが、なるべく虫歯や歯周病にならないようにするためには次のようなことに気をつけると良いでしょう。

1.食べた後にこまめに歯磨きをする

つわりで不規則にちょこちょこ食べてしまう方は、なるべくその都度お口を清潔にしておくようにしましょう。ずっと放っておけばおくほど、お口には細菌がたまりやすくなります。

2.歯ブラシは小さめヘッドを使う

歯ブラシは小さめのものだと気持ち悪くなりにくいです。子供用の歯ブラシでもいいですからできるだけ隅々まで磨くようにしましょう。

3.歯磨き粉はつけない、もしくは耐えられる香りのものを

歯磨き粉の匂いで気持ちが悪くなる場合には、耐えられる匂いのものを使うか、全くつけずに水だけでも構いません。

4.前かがみで後ろから掻き出すように磨く

前から奥に歯ブラシを入れると気持ちが悪くなりやすいので、奥から前方向へ掻き出すように磨くことをおすすめします。

5.寝る前には必ず磨く

夜眠っている間に最も細菌が繁殖しやすく、お口の環境が悪くなりやすいので、寝る前には必ず磨くことを心がけましょう。

以上のことを心がけるだけでも、お口の悪化を防ぐことができます。ぜひできることだけでも実践してみてください。

こういった歯に関するお悩みや治療に関して、堺市北野田駅前のおだデンタルクリニックにお任せください。インプラント歯周病歯の予防お子様の歯の治療矯正など様々な治療を承っております。歯に関する些細なお悩みでも医師や衛生師にお伝え下さい。

歯科コラム

お知らせ

2018/09/18
この週末に開催されたインプラント学会の優秀研究発表とイブニングセミナーで講演させていただきました
2018.01.27
日本口腔インプラント学会第35回九州支部学術大会にて発表させていただくことになりました(小倉)
2017.12.10
「先進機器導入による医院の差別化」というタイトルで講演させていただきました(大阪ヨシダ)
2017.12.09
顎顔面外科矯正セミナーで「根面被覆術・歯間乳頭再建術」に関して講演させていただきました(大阪)
2017.11.18
PERIODONTAL PLASTIC SURGERY BASIC COURSE(大阪)にて講演させていただくことになりました。
2017.11.05
ペリオドンタルプラスティックサージェリーミーティング(東京)にて講演させていただくことになりました。
2017.10.22
ITIベーシックインプラントロジー(大阪)にて講演させていただくことになりました。
2017.09.29
Ossesintegration Study Club OF Southern California(ロサンゼルス)にて発表させていただくことになりました。
2017.07.29
OJ年次ミーティング2017(東京)にて発表させていただくことになりました。
2017.03.05
「先進機器導入による医院の差別化」というタイトルで講演させていただくことになりました(大阪ヨシダ)
2017.02.11
OSSEOINTEGRATION STUDY CLUB OF JAPAN (東京)にて発表させていただくことになりました。(大阪ヨシダ)
2017.01.08
ヨシダCTユーザーミーティングで講演させていただくことになりました。(大阪ヨシダ)

Facebook

診療カレンダー

^


ホーム

診療予約

電話をかける